告知:自家通販を休止します

  • 2019.12.17 Tuesday
  • 13:44

 

現在BOOTHで実施している自家通販を休止します。

 

ショップ

 

再開時期は未定です。

しばらく(半年以上)イベントへのサークル参加も予定しておりませんので、拙作をお求めの方は是非この機会をご利用ください。

発送は「BOOTHあんしんパック」という匿名配送で行います。送料はお高めですが個人情報(住所と本名)は伏せられます。

 

休止の理由は転居その他もろもろを控えているせいです。よろしくお願いします。

 

覚書:2019年と2020年以降のこと

  • 2019.12.17 Tuesday
  • 13:27

 

今年(2019年)の振り返りと来年以降の抱負について書きました。

本年もありがとうございました。来年以降もゆるくお願いします。

追記で長めの本文です。

 

続きを読む >>

覚書:第二十九回文学フリマ東京に参加しました

  • 2019.11.30 Saturday
  • 16:48

JUGEMテーマ:同人活動

 

参加してきました。

 

 

久しぶりに設営写真を撮る余裕がありました。

 

追記で簡単なレポートです。

 

続きを読む >>

告知:文フリ東京29に参加します

  • 2019.11.23 Saturday
  • 19:46

JUGEMテーマ:同人活動

 

 

第29回文学フリマ東京に参加します。

しばらくイベント参加は予定していないので、この機会にどうぞ。

よろしくお願いします。

 

■開催日時

2019年11月24日(日) 11:00〜17:00

■入場料

無料

■会場

東京流通経済センター第一展示場

■スペースNO.

オー28

 

インドカレー屋のブースと喫茶のブースとが垂直に交わる位置に配置されました。

おなかがすきそうです。

 

サンプルは以下からどうぞ。
 

 

■文章系

『訳詩集 僕の五臓を引きちぎります』
断腸の思いを詠んだ漢詩の訳と解説。主に漢〜東晋。
文章その他/A5/40p/¥500 


『菊を食む』
三つの祭りをフレームに三人の人生を切り取った短編集。
歴史的に言うと、諸葛恪や陸張氏(諸葛恪の姪、陸抗の最初の妻)や名も無き呉の一般人などマニアックな人物を主人公に、孫権亡きあとの呉を舞台にしたとてもマニアックな短編集。『碧眼』姉妹作。
小説/文庫/本文74頁/¥500


『碧眼』
”建国の英雄”の二世たちを主人公にした中編小説。
歴史的に言うと、諸葛恪が謀殺された直後の呉の動乱を、まだ歴史の表舞台に出る前の陸抗の視点でながめた話。言うまでもなくマニアック。
小説/文庫/本文86頁/¥1000

 

 

■漫画

 

『当に帰るべし(上)(下)』
正義の国に帰るのだと言い張って、母と妻子を故郷に置いていく男の、本心の話。
歴史的に言うと、姜維が蜀に寝返った動機をテーマにした話。
マンガ/A5/本文32頁(上)30頁(下)/各¥500
 

 

『張華さんちのオウム(?)くん!』
志怪小説をもとにしたハートフルヒューマン?コメディ。
マンガ/A5/本文78頁/¥1000

 

『りくぶん 六朝文人伝―西晋篇―』
中国の六朝時代の文人を紹介するショートマンガ集。
マンガ/A5/本文32頁カラー・モノクロ混在/¥500
https://www.pixiv.net/artworks/64851955
 

イラスト:タロットカード風郭璞

  • 2019.11.23 Saturday
  • 19:42

JUGEMテーマ:イラスト

 

 

郭璞(かく・はく)

 

彼の詩を収録した同人誌『訳詩集 僕の五臓を引きちぎります』よろしくお願いします。

参加する第29回文学フリマ東京は11月24日開催です。明日です。

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

オフライン予定

しばらく予定していません

通販

近況

2019/11/30
来年の手帳を用意しました。来年もほぼ日手帳の複数冊使いの予定です。
近況ログ

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM