発行物:訳詩集 僕の五臓を引きちぎります

  • 2018.07.01 Sunday
  • 14:30

 

かなしみは、いたみ

 

非常に悲しいことを「断腸の思い」と表現するように、痛いぐらいの悲しみを詠んだ漢詩を訳して解説をつけました。

2000年前の名前もわからない誰かの、故郷に帰れない悲しみ。1800年前の皇帝になる男の、生き別れた悲しみ。1700年前の宰相の、権謀術数の中心でひとり抱えた悲しみ。

いろんな悲しみがそろっています。巻末に読書案内つき。
訳:時任三文子、解説:久志木梓の合作です。
A5/40p/¥500

2018/07/16発行予定

※学術的主張を意図するものではありません

 

試し読みは追記からどうぞ。

 

 


 

かなしいうた 詠み人知らず

 

悲しい歌は涙のかわり、

遠くを見遣るは家路のかわり。

 

考え事は降り積もり、

頭の中で化石します。

 

家に待ってる人はなく、

川を渡るに船もない。

 

カラカラ回る無為な思考は、

ぐるぐる回る車輪となって

 

僕の五臓を引きちぎります。

 




[原題]

悲歌(ひか)

 

[作者]

不明 

 

[解説]

 詠み人知らずの、悲しい望郷の歌。
 出典は『楽府詩集(がふししゅう)』です。楽府(がふ)とは楽曲を記録する役所のことでしたが、役所で記録された楽曲そのものを楽府と呼ぶようになりました。この歌も楽府のひとつであり、もっとも古い約二千年前の「古楽府(こがふ)」に分類されます。
 名もなき彼は、どんなふうにこの曲を歌ったのか。今では誰にもわかりません。楽府の旋律は早くに失われ、ただ歌詞のみが現在まで残っています。 

 


 

思い人 読み人知らず

 

わたしの思う、あのお方。

 

大海近くにいらっしゃるのよ。

 

あのお方には、何を贈ろう。

 

双(なら)びの珠(たま)のべっこう簪(かんざし)。

 

綺麗な玉(ぎょく)で飾られてるの。

 

聞けばあなたに

 

他心(ふたごころ)

 

この贈り物は、もう要らないわ。

 

砕いて焼いて、灰を散らすの。

 

これから先はもう思わない。

 

あの時のこと、覚えているわ。

 

恋しいあなたと別れる時に、

 

鶏や犬が気づいて鳴いた。

 

きっと兄嫂(あね)は

 

悟ったでしょうね。

 

今 秋風はさわさわと吹き、

 

はやぶさは低くかすめ飛ぶ。

 

東の空にお日さま昇れば、

 

わたしの心をわかってくださる。

 


 

[原題]

有所思 思う所(ひと)あり

 

[作者]

不明

 

[解説]

 またまた『楽府詩集』より、名もなき女性の恋の歌。南の、呉の言葉を話す彼女には、海の、さらに南に恋人がいます。遠くにいるあの人に、何を贈ろう。彼女は考え、両端に真珠がついた、玉で縁取られた、鼈甲(べっこう)の簪(かんざし)を贈ることにしました。真珠も鼈甲も呉の名物です。また簪というと日本では女性用ですが、中国では成人男性のかぶる冠をとめる、現代でいえばネクタイピンのようなアクセサリーでした。

 

 しかし思い人は彼女を裏切り、彼女は贈り物を燃やしてしまいます。思いを断ち切ろうとしするけれど、浮かんでくるのはあの人と過ごした夜。朝になってあの人が去って行くとき、庭の鶏や犬が気付いて、鳴いて吠えてしまったから、きっと嫂(あによめ)のねえさんも、あの人の存在に気付いているだろうけれど……。

 

 そう思えば断ち切りがたく、お日さまだけはわかってくれるとうそぶく彼女。この「有所思」という題材は後世に愛され、多くの詩人が恋心を歌いました。
 


 

とこしえ 郭璞(かくはく)

 

六頭の龍は留め置けず、
太陽の駆者(くしゃ)ぐるぐると。

 

時の流れに感じ入る、
秋になっては夏を求めて。

 

海は禽獣(けもの)を変えうるが、
わたしの生命(いのち)は変えられぬ。

 

不死の国へとゆかせてよ、
天駆る龍は御せないの。

 

徳があってもただのヒト、
決して戻せぬ過ぎたカコ。

 

年は流れる水のよう、
胸から溢れる嘆きの言葉。

 


 

[原題]

遊仙詩(ゆうせんし) 其四

 

[作者]

郭璞(かくはく)

 

[解説]

 なんだか難解な感じがするこの詩は「六朝詩(りくちょうし)」に分類されます。典故(てんこ)(元ネタ)を知らないと何が何だかわからない難解さが六朝詩の特徴です。
 六頭の龍とは、太陽をひっぱり時の流れを司ると考えられていた龍のこと。海がけものを変えるとは、むかし、海にもぐると雀は蛤に、他の動物も海の生き物に姿を変えたが、人間だけは人間のまま変わることができなかった。という話にもとづきます。

 

「遊仙詩」は詩のジャンルのひとつで、「不老不死の仙人になりたーい!」という詩です。しかしこの詩は遊仙詩っぽくありません。仙人にはなれない、とあきらめきった悲しみが、詩の全体を通して響きわたっているせいでしょうか。


 作者の郭璞(かくはく)は四世紀の人。超人的な予知能力があり皇帝から寵愛されますが、反逆者に反乱は成功するか占わされ、「否」と答えたため殺されます。反乱の成否を見通していた彼には、ただの人間である自分の限界も、おなじく見えていたのかもしれません。

 


 

こんな感じで訳詩と解説がついた本です。

 

横長にしたので、実際のページはこうなっています。

 

 

 

 

​見開きで右ページ(偶数ページ)に解説がゴシック体で、左ページ(奇数ページ)に訳詩が載っています。

 

収録作品は以下の画像をご覧ください。

 

 

変わった本ですが、よろしくお願いします。

 

スポンサーサイト

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 14:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    オフライン予定

    しばらく予定していません

    通販

    近況

    2020/9/21
    この欄を今年まだ更新していないことにさっき気がつきました。あけましておめでとうございます。
    今更言うまでもなく今年はあれでそれで大変ですが、当サークルの2人にもいろいろありました。去年までの生活と今の生活に共通点を見つけるのが難しいぐらいです。
    それでも書いているし、サークル活動を続けたい気持ちは一致しているので、まあぼちぼち続けていこうと思っています。つまり去年と同じです。今年もよろしくお願いします。
    近況ログ

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM